「No ifs ands or buts」ってどういう意味?

スポンサード リンク

英語の調べ物をしている時に、「No ifs ands or buts」という文章がありましたが、さっぱり意味がわかりません。早速、「No ifs ands or buts」について調べました。

No-ifs-ands-or-buts


■ No ifs ands or buts – – つべこべ言うな、いい訳を言うな、文句を言ってもダメ、問答無用、弁解無用

主としてイギリスとで使われているスラングで、「ノーイフス、アンズ、オア、バッツ」と読みます。

意味は、「もし(ifs)」「そして(ands)」あるいは「でも(buts)」を言うな のようなニュアンスです。何度も使うので、それぞれ複数形となっています。

「お前、遅刻だ。」
「You were late.」

「もし渋滞がなかったら。」
If there was the traffic jam.
「そして、ちょっと遅れただけ。」
And a tiny bit late.
「しかし、今日は不運だ。」
But I am unlucky today.

お前の落ち度だ。つべこべ言うな。
「It’s your fault. No ifs ands or buts.」


また、下記の様なニュアンスの使い方もできます。

言い訳しないで、さっさと買い物に行ってきて。
I want no ifs and buts – just go shopping now.

ヘイリーがはクラスで一番歌がうまい。文句なしさ。
Hailey is the best singer in my class – no ifs, ands, or buts about that.


「No buts」のみでも、「つべこべ言うな」という似たようなニュアンスとなります。

それについてつべこべ言うな。
「でも」じゃない、言い訳するな。
No buts about it.


下記ページもご参考にどうぞ。

ifs, ands, or buts – Wiktionary

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする