「反省する」って英語で言うと?

スポンサード リンク

「あなたは反省すべきです。」って言いたかったのですが、「反省する」の表現がわかりませんでした。「」You should learn more.」という様な表現などを使うことがあります。早速、調べました。

英語には、日本語の「反省する」とほぼ同じ様に使える単語はない様です。「反省する」と同じ様なニュアンスを表す工夫が必要です。


■ reflect – – (自動詞)よく考える、思案する、熟考する

私は反省する。
I will reflect up it.

私は自分の行いを反省したい。
I want to reflect on my actions.

あなたはそれを反省するべきです。
You should reflect on that.

ケイリーはおそらく反省しなかった。
Kaylee probably didn’t reflect upon herself.

私たちは、遅刻したことを反省すべきだ。
We should reflect on the fact that we were late.


■ learn a lesson – – こりる、いい薬になる、良い薬になる

反省したか?
What did you learn?
*直訳は「あなたは何を学んだ?」です。

反省したか?
Did you learn anything?
*直訳は「あなたは何か学んだか?」です。

彼が反省したことを望む。
I hope he learned a lesson.
*直訳は「彼が学んだことを望む。」です。


私は反省しています。
I deeply regret what I’ve done.
*「regret」は、「後悔する」という意味です。
*直訳は「私の行ったことを深く後悔しています。」です。

私は反省しています。
I realized and regretted what I had been doing.
*直訳は「私のしたことを認め、後悔しています。」です。

私は反省しています。
I am so sorry for what I did to you.
*直訳は「私は自分があなたに対して行ったことを、本当に申し訳なく思います。」

あなたは反省していますか?
Are you sorry?
*直訳は「あなたはすまないと思っていますか?」


「反省する」から、「反省したことでどうなったか」を考える方が良いように思いました。

反省して熟考したならば「reflect」、
反省して学んだのであれば「learn」、
反省して後悔しているのであれば「regret」、
反省したことで謝罪の気持ちを表したいのであれば「sorry」「apology」、
などで表現することになります。

特に、その反省に「罪の意識があるのかどうか」、「謝罪の気持ちがあるのかどうか」をはっきりすることで、選択する表現を選ぶことが大切です。

個人的には、深刻で無い問題には「I learned.」で、「私は(反省して)学びました。」の表現を使いたいと思いました。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする