マイナスの表現「minus」と「negative」の使い分けを考察

スポンサーリンク

「収支はマイナス」と英語で言う時に「minus」を使っていました。ある日、間違いであることに気づきました。早速、「minus」と「negative」の使い分けを考察することにしました。


■ minus – – (前置詞)を引いて、マイナスして、なしで、失くして、氷点下、零下、(形容詞)マイナスの、負の、(名詞)負号、負数、不足、欠損、不利な点
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

9-3=6(前置詞)
Nine minus three is (equals) six.

うちの坊やは片靴を失くして帰って来た。(前置詞)
My little son came back minus the other shoe.

今日は零下6度です。(形容詞)
It is minus five degrees today.

私たちはマイナス要因を取り除かなければなりません。(形容詞)
We have to remove a minus factor.
*「minus factor」は「negative factor」とも表現できます。


■ negative – – (形容詞)否定の、否定的な、反対の、拒否の、陰性の(名詞)否定、拒否、拒絶、負数、(動詞)拒否する、否決する、反論する、無効にする
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

家計がマイナスに転じた。(形容詞)
Our household finances turned negative.

あなたはマイナス思考を止めるべきだよ。(形容詞)
You should stop negative thinking.

結核の幾つかの検査の結果はマイナス(陰性)だった。(形容詞)
The results of my tuberculosis tests were negative.
*「tuberculosis」は「結核」という意味です。


「minus」はゼロより小さい、「negative」は消極的と言うイメージを強く持っていましたが、必ずしもそうでないことが良く理解できました。

今回は「minus」と「negative」の区別についてですが、反対語の「plus」と「positive」の区別の場合もほぼ同じと言えます。

マイナスを英語で表現する場合には、数式の中の引き算などでは「minus (plus)」を用い、その他の数字の場合は「negative (positive)」を用いると覚えるのが簡単かもしれません。

See you next time!

スポンサーリンク
pinasan.com
今日の勉強
スポンサーリンク
フィリピン在住のPinaさんのブログ