「be bound for」の意味と使い方

スポンサード リンク

外国人観光客の増加により、最近は、日本国内の列車やバスでも、英語、中国語、韓国語などでアナウンスが流れることが多くなってきました。早速、「~行き」という表現について調べました。


■ bound – – (形容詞)行きで、途中にあって、目指す
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

■ be bound for – – 行きである

私たちは故郷へ帰るところです。
We are bound for our hometown.

この列車は大阪行きです。
This train is bound for Osaka.

私たちはバンコク行きの列車に乗らなければなりません。
We have to take a train bound for Bangkok.

これは博多行きの超特急です。
This is a super express train bound for Hakata.

このバスはマニラ空港第二ターミナル行きです。
This bus is bound for Manila airport terminal 2.

私はマニラでセブ行きの便に乗り換える。
I will change for a flight bound for Cebu at Manila.

彼は今朝、デリー行きの航空券を買った。
He bought an airline ticket bound for Delhi this morning.

このバスはどこ行きですか?
Where is this bus bound for?

あの船はバタンガス港行きですか?
Is that boat bound for Batangas port?


日本の場合には、比較的丁寧な文章でアナウンスしていますが、実際、外国の駅のホームや列車内でのアナウンスは、かなり簡略された表現を使うことが多いようです。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする