強い台風22号直撃のフィリピンからの報告 Part3

スポンサード リンク

12月9日(火)午前8時(日本時間午前9時)現在の報告です。

台風22号は、進路を時々変更しながら、マニラ首都圏のあるルソン島の南に位置するバタンガス州に上陸しました。

マニラから、約70Km程度の距離を移動中ですが、最大風速が中心付近で20m/s、最大瞬間風速 30m/sと、当初よりも勢力がかなり弱まったことで、マニラ首都圏は多少の雨と風程度となりました。

現在は、雨も小雨となっており、今夜から明日に掛けて、天気が回復する模様です。


大変、残念なことに、台風の通過したサマール島では、27名の方の死亡が報告されています。

Ruby’ leaves 27 dead in Eastern Samar: Red Cross | ABS-CBN News


スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする