「費用対効果」って英語で言うと?

スポンサード リンク

「このWEB広告の費用対効果はとても高い。」と言いたかったのですが、「費用対効果」の表現が良くわかりませんでした。早速、「費用対効果」について調べました。

cost-performance


■ cost performance – – 投資効率、コストパフォーマンス、費用対効果
*「performance」は、「出来栄え、成績、実績」という意味です。

その新しい機械は非常にコストパフォーマンスが良い。
The new machine provides excellent cost performance.


■ cost-benefit performance – – 費用対効果
*「cost-benefit」は、形容詞で「費用と便益の関係の」という意味です。

このWEB広告の費用対効果は非常に高い。
The cost-benefit performance of this WEB advertisement is very high.


■ cost-effectiveness – – (名詞)費用対効果
*「effectiveness」は、「有効性、効力」という意味です。

その販売方法は最も費用対効果が高い。
The cost-effectiveness of the sales system is the highest.


■ cost-effective – – (形容詞)費用効果がある
*「effective」は、「効力のある、有効な」という意味です。

このココナッツ酢の製造方法が最も費用対効果が高いと考えている。
We think this method for producing coconut vinegar is the most cost-effective.


■ cost efficiency – – 省コスト性、費用効果
*「efficiency」は、「効率、能率」という意味です。

我々はこの24時間営業の費用対効果を計るべきである。
We should calculate the cost efficiency of this open 24 hours.


費用対効果に関する表現は、上記以外にもいくつかありましたが、まずは上記を覚えることにします。

「cost performance」が和製英語かどうかを書いているるサイトがたくさんあります。ざっと目を通しましたが、ネイティブが普通に使うと言っていますし、辞書にも出ていますので、英語として使っても問題がないと思われます。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする