「罰当たり」「罰が当たる」って英語で言うと?

「そんなことをしたら罰が当たる」と言いたかったのですが、「罰が当たる」の表現がわかりませんでした。早速、「罰当たり」「罰が当たる」について調べました。

「罰が当たる」は「バツがあたる」と読み、神仏に無礼なことをしたり、お世話になった人や尊敬すべき人に対して悪事を働くと、天から償いや報いを受ける事を言います。


■ punish – – (動詞)罰する、処罰する、ひどい目にあわす
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

罰が当たったんだよ。
You are punished.

そんなことをすると罰が当たるよ。
You’ll be punished if you do that.

頻繁に悪事を働いていると罰をくらうぞ。
You do evil too often and get punished.

老人たちに詐欺行為を働くとするとあなたに罰が当たる。
If you commit fraud on old people, you will be punished.


■ cursed – – (形容詞)罰当たり、呪われた、祟られた
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。
*「cursed」は動詞「curse(呪われた、祟られた」の過去形、過去分詞です。

■ be cursed – – 呪われる、罰が当たる

私は罰が当たったのかもしれない。
I may I was cursed.

私は過去に5回も泥棒に遭った。呪われているに違いない。
I have been robbed five times in the past. I must be cursed.

お前またコンビニで万引きしたのか?罰が当たるぞ。
Did you shoplift at a convenience store again? You will be cursed.


■ karma – – (名詞)カルマ、因縁、因果、宿命
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

bad karma – – 報い、罰、罰当たり

そんな行為は罰当たりだ。
Such behavior is bad karma.

そんなことをすると罰が当たりますよ。
It’ll be bad karma to do that.

お守りを捨てることは罰が当たる行為だ。
Throwing away an amulet is bad karma.

そんなことをしたら、罰が当たりますよ。
If you do that, you are going to get bad karma.


■ pay for – – 報いを受ける、賠償する、代金を支払う

罰が当たるぞ。
You’ll pay for it.

お前、後で酷い目に遭うぞ。
You’ll pay for it later.


「罰が当たる」の今回の表現では「get bad karma」が一番相手に伝わりやすいように思いました。

また、「罰が当たる」をもう少し分かりやすい日本語「天罰が下る」「報いを受ける」 「良くないことが起きる」「不幸になる」などに置き換えてから英語で表現しても近いニュアンスは伝わることでしょう。

See you next time!

今日の勉強
スポンサーリンク
フィリピン在住のPinaさんのブログ
スポンサーリンク
pinasan.com