「しようと思っていた」「するつもりだった」って英語で言うと?

スポンサード リンク

「行こうと思っていた(けど行かなかった」」ことを言う時に、表現に迷いました。早速、「しようと思っていた」「するつもりだった」の表現について調べました。


■ be going to – – つもりです、する予定です

■ was/were going to – – つもりだった、する予定だった
*「was/were going to」の代わりに「was/were gonna」を使うこともできます。


I was going to go on a hike yesterday.
私は昨日、ハイキングへ行くつもりだった。

夫はマニラへ出張に行く予定でした。
My husband was going to go on a business trip in Manila.

私は昨日、ガールフレンドとビーチへ行くつもりだった。
I was going to go to the beach with my girlfriend yesterday.


「thought」を入れることで「~と考えていた」と、より計画だったことを明確にしています。

私はその白いブライスを買いそうになった。
I thought I was going to buy that white blouse.

私はそれを食べた吐きそうだった。
I thought I was going to throw up when I ate that.
*「throw up」は「吐く、嘔吐する」という意味です。

私は今朝、新幹線に遅れそうになった。
I thought I was going to be late for the bullet train this morning.
*「bullet train」は「弾丸列車」で、「新幹線、超特急列車、高速旅客列車」などを意味します。


「but」以下で「しなかった」「他のことをした」「しなかった理由」などを言って、「結局しなかった」ことを明確にしています。

ヨガ教室へ行くつもりでしたが、ケーキを食べに行ってしまいました。
I was going to go yoga school, but I went to eat cake.

私は彼女をデートに誘うつもりだったが、それを言うチャンスがなかった。
I was going to ask her for a date, but I had no chance to say that.

上司は大阪の展示会に行く予定だったが、インフルエンザになって行けなかった。
My boss was going to go to an exhibition in Osaka, but he caught the flu.

私たちはゴールデンウイーク中にセブ島に行く予定だったのですが、航空券が売れ切れでした。
We were going to go to Cebu island during Golden Week, but the airplane tickets were sold out.


「was/were going to」には、「していた」「している最中だった」という意味もあります。聞き手が、「結局しなかった」ということを理解している場合には誤解されませんが、そうでない場合には「I thought」や「but」などを使って、「考えていた」「しなかった」「他のことをした」「しなかった理由」などを言うことで、「実行しなかった」ことがより明確に伝わります。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする