後を表す「in」「later」「after」の違い

スポンサード リンク

「2日後に」という時に、「in」「later」「after」のどれを使うのが良いか迷います。早速、「in」「later」「after」の違いについて調べました。


■ in – – (前置詞)の後には、間のうちで

話している時点を基準に、ある程度正確な未来を表す時に使います。

私は2日後にには戻ってきます。
I will be back in two days.

2週間後に診察を受けてください。
Please have a medical examination in two weeks.

私は二週間後にフィリピンに行きます。
I am going to go to the Philippines in two months.

その教会は向こう二年間で竣工するだろう。
The church will be completed in two years.


■ later – – (副詞)後で、後ほど
*形容詞、名詞の意味もあります。

未来に対しては「のちほど」「後で」というような曖昧な期間を表します。過去に対しては、日数を入れてある程度正確な期間を表すことができます。

あとでそのことを確認しておきましょう。
I will check about it later.  

私は2日後に返事を書いた。
I wrote back two days later.

妻はそれを2週間後に気がついた。
My wife noticed that two weeks later.

わたしは2年後に、再びそこを訪問した。
I visited there again two years later.


■ after – – (副詞)後に、(前置詞)のあとに
*接続詞としての意味もあります。

過去と未来のどちらにでも使うことができます。未来に対しては、「in」の方が用いられることが多いようです。

私は2日後に彼に会った。(前置詞としての利用)
I met him after two days.

彼女は2日後に帰ってきた。(副詞としての利用)
She came back two days after.

息子はは2週間後に家を離れた。(前置詞としての利用)
My son left home after two weeks.

2週間後、病気で彼の旅行の計画は挫折した。(副詞としての利用)
Illness frustrated his plans for the trip two weeks after.

彼らは2ヶ月後に離婚した。(前置詞としての利用)
They divorced after two months.


See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする