「無茶しないで」って英語で言うと?

スポンサード リンク

会合の後の夜遅くに、かなり遠くまで数時間ドライブすると友人が言いました。「無茶です」って言いたかったのですが、うまく言えませんでした。早速、「無茶」に関する表現を調べてみました。

「無茶」とは、「度を越している、道理に合わない」ようなニュアンスの意味です。


■ stupid – – (形容詞)愚かな、ばかな

無茶なことするな。
Don’t do anything stupid.
*直訳は「愚かなことをするな。」となります。

無茶なこと言わないで。
Don’t say anything stupid.
*直訳は「馬鹿なことを言わないで。」となります。

私の上司は無茶苦茶なことを命令した。
My boss ordered something stupid.


■ jump off the deep end – – (慣用句)無茶をする、無鉄砲な行動をする、自制心を失う、我を忘れる
*「jump in at the deep end」という表現も同じ意味で使われます。

■ go off the deep end – – (慣用句)無茶をする、無鉄砲な行動をする、自制心を失う、我を忘れる
*「go off at the deep end」という表現も同じ意味で使われます。

その少年はいつも無茶なことをする。
The boy is always jumping off the deep end.

その冒険家は無茶をした。
The adventurer has gone off the deep end.

英語教室 Lingo-Fieldさまからのご指摘で、少し補足、変更をいたしました。間違いやお気づきの点がありましたら、是非、お知らせください。今回はありがとうございました。


無茶だ。/無理だ。
It is impossible.

無茶だ。
It’s no go.

私に無茶なことを言わないで。
You’re telling me nonsense.


「無茶」の表現は、無限な位にたくさんありますし、自分の知っている単語で表現することもできると思います。

私の言いたかった「無茶です」の表現に、「stupid」は合わないように感じます。「Really? take it easy.」とか「Oh my God! there’s a risk.」のような感じが良い気がします。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする