「knowing」「Not knowing」の意味と使い方

スポンサード リンク

英語の調べ物をしている時に、「knowing」「Not knowing」という表現が目にとまりました。あまり見たことがない表現です。早速、「knowing」「Not knowing」の意味と使い方を調べました。


■ knowing – – (形容詞)教養が高い、物知り、聡明な、物事を心得た、(名詞)知ること、認識するこ

あなたと知り合いになれて良かった。
It was nice knowing you.

私は知らないうちに、酒をたくさん飲んでしまう。
Without knowing, I drink a lot of alcohol.

私は天文学を知ることが好きです。
I like knowing about astronomy.
*「astronomy」は、「天文学」という意味です。

エヴリンの気持ちを知ると、泣かずにいられない。
Knowing how Evelyn feels, I can’t help crying.


■ not knowing – – 分からない、判んない、つゆ知らず

知らないから、私はそれについては何とも言えないです。
Not knowing, I cannot say anything about that.

何をしてよいか分からなかったので、上司の指示を求めた。
Not knowing what to do, I asked for my bosses’ instructions.

リリアンを知らなかったので、私は友達に彼の人柄について尋ねた。
Not knowing Lillian, I asked my friends about her personality.

あなたが彼女の学校を知らないなんて考えられません。
I can’t imagine your not knowing her school.

ルーシーは、あなたが知らないことに我慢できない。
Lucy couldn’t stand you not knowing.


簡単な様に見えても、少し使い方が難しい様に感じました。意味は理解できましたので、今後は文章を理解することは容易だと思います。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする