「亭主関白」「かかあ天下」って英語で言うと?

スポンサード リンク

友人と話をしていて、「フィリピンは大半がかかあ天下ですね。」って言いたかったのですが、「かかあ天下」の表現に迷いました。「亭主関白」「かかあ天下」の表現について早速調べました。


彼のところはかかあ天下だ。
He is a henpecked husband.
*「henpecked」は、「かかあ天下の、妻の尻に敷かれた」と言う意味です。

彼のところはかかあ天下だ。
He is under his wife’s thumb.
*「under one’s thumb」は、「完全に支配下に置いて、いいなり」という意味です。

彼は私の尻に敷かれてる。
He is under my thumb.

その奥さんはかかあ天下だ。
The wife wears the trousers.
*「trousers」は、「ズボン」という意味です。
*「wear the trousers」は、「亭主を尻に敷く」という意味です。

彼の妻ははかかあ天下だ。
His wife wears the pants in his family.
*「wear the pants」は、「亭主を尻に敷く」という意味です。

彼女はかかあ天下だ。
She is bossy in his family.
*「bossy」は、形容詞で「親分風を吹かせる、威張り散らす」という意味です。


彼は亭主関白だ。
He is under the thumb.

私の夫は亭主関白だ。
My husband wears the pants in his family.

私の夫は亭主関白だ。
My husband is bossy.

彼は亭主関白だ。
He is bossy in his family.


See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする