「死ぬ」に関する表現Part2

「死ぬ」に関する表現Part1 の続きです。

perish


■ perish – – (動詞)死ぬ、枯れる
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

民主主義は永遠に不滅だ。
Democracy will never perish.

古代都市はその大地震で壊滅した。
The ancient city perished in the disastrous earthquake.

その交通事故で多数の人々が死んだ。
Many people perished in the traffic accident.


■ decease – – (名詞)死亡、(動詞)死ぬ
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

■ deceased – – (形容詞)死亡した、亡、故
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

彼がが亡くなったら、財産は孫たちに譲渡される。
Upon his decease the estate will pass to his grandchildren.

私は他界した三人の子供たちがいます。
I have three deceased children.

お父様はご健在ですか?亡くなられていますか?
Is your father alive or deceased?


「die」「dead」「death」は、死に関して最も一般的な表現に使われます。

「pass away」は、「亡くなる」「他界する」など、湾曲的な表現となります。「My father is gone.」も同じ様な湾曲表現の一つです。

「perish」は、「突然の事故や災害などで死ぬ」「非業な死に方をする」様な場合に使われます。

「decease」「deceased」は、フォーマルな表現で、医学分野や法律分野で良く使われます。

「死ぬ」に関する表現はまだまだありますが、徐々に覚えたいと思います。

See you next time!

今日の勉強
スポンサーリンク
フィリピン在住のPinaさんのブログ
スポンサーリンク
pinasan.com