「~っぽい」の「ish」の意味と使い方

スポンサード リンク

英語の文章で「ish」の付いたものを時々見かけます。意味はなんとなく想像できますが、使い方が良くわかりません。早速、「ish」の意味と使い方について調べました。

ish


■ ish – – (接尾辞)~のような、~じみた、おおよそ~頃、~に属する、~性の


私は今日は熱っぽい。
I am feverish today.

あなたの癖は子供っぽい。
Your habit is childish.


その医者は55歳くらいです。
That doctor is 55-ish.

彼女は85歳位で亡くなった。
She died at the age of 85-ish.


バスは6時頃に出る。
The bus starts at 6-ish.

夫は10:30頃に帰宅した。
My husband came home at 10:30-ish.


それは黒っぽい犬だった。
That was a black-ish dog.

妻は赤っぽい色がよく似合う。
My wife looks good in reddish.


彼はプロボクサーのマニー・パッキャオっぽいね。
He is a professional boxer, Manny Pacquiao-ish.

壁にピカソっぽい絵画が掛かっていた。
There was a Picasso-ish painting on the wall.


「ish」が付いて正式な単語になっていて辞書に載っているものもありますが、大半は比較的新しいスラングの表現です。日常会話ではごく普通に使われているそうです。

色は、赤っぽいは「reddish」が辞書に載っています。黒っぽいは、白っぽいは「black-ish」「blackish」、「white-ish」「whiteish」のどちらでも良いようです。

年齢、時間、色の表現にはとても使いやすいと思いますが、単語によっては分かり難い、発音し難いものあります。

See you next time?

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする