お断りの「遠慮します」「遠慮させてください」って英語で言うと?

スポンサーリンク

何かのお誘いなどをお断りする時に、できるだけ丁寧に「遠慮させてください」の様なニュアンスを伝えたいと思います。早速、お断りの「遠慮します」「遠慮させてください」の英語表現を調べました。

遠慮します


ありがとう、でも大丈夫です。
Thank you, but no thank you.

ありがたいのですが遠慮します。
I would like to, but no thanks.

お宅にお伺いしたのですが遠慮します。
I would like to visit your house, but no thank you.


遠慮します。やめておきます。
I’ll pass.
I think I’ll pass.

今回は遠慮します。今回はやめておきます。
I think I’ll pass this time.


結構です。大丈夫です。
I’m good.

いいえ、結構です。
No, I’m good

結構です、ありがとう。
I’m good, thank you.


残念ながら行くことができません。
I’m afraid I can’t go.
I’m sorry, I’m afraid I can’t go.

残念ながら無理です。
I’m afraid I can’t make it.
I’m sorry, I’m afraid I can’t make it.

ご招待をありがとうございます、でも残念ながら伺えません。
Thank you for your invitation, but I’m afraid I can’t.


また今度ね。
Maybe next time.

また別の機会に。
Maybe another time.

また別の機会に。また今度ね。
Maybe some other time.


お断りしないといけません。
I’ll have to beg off.
*「beg off」は、「言い訳して断わる」という意味です。

ゴルフにお誘い頂いてありがとうございます、でも,お断りしないといけません。
Thank you for inviting me to golf, but I’ll have to beg off.


Pinaさん
Pinaさん
いろいろな表現がありますので、相手や状況に応じて使い分ける必要がありそうです。See you next time!

スポンサーリンク
pinasan.com