「治外法権」って英語で言うと?

スポンサード リンク

ニュースを見ている時に「治外法権」について言いたかったのですが、「治外法権」の表現がわかりませんでした。早速、「治外法権」について調べました。

「治外法権」とは、外国人は滞在国の領土主権に服する必要がありますが、例外的にそれから免れることが認められる特権のことを言います。外国の元首、外交官、国際司法裁判所判事、国連事務総長、外国の軍隊、軍艦、軍用航空機などに認められています。

extraterritoriality


■ extraterritorial – – (形容詞)治外法権の
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。
*「extra」は、接頭辞で「外の、の範囲外の」という意味です。
*「territorial」は、形容詞で「領空の、土地の」という意味です。日本語の「テリトリー」は名詞でその形容詞形です。

税務域外所得
extraterritorial income

国外所得免除方式
extraterritorial income exclusion system


■ extraterritoriality – – (名詞)治外法権
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。
*「territoriality」は名詞で「領土権、縄張り意識」の意味です。

■ extraterritorial rights – – 治外法権

政府は外国人に対する治外法権を廃止しなければならない。
The government must abolish the extraterritorial rights of foreigners.

治外法権は、いかなる外国人も滞在する国の法律に従う義務を持たないことを意味する。
Extraterritorial rights mean that any alien person has no obligation to follow the laws of a country of its residence.

治外法権の原則とは何ですか?(ニュースタイトル)
What is the principle of extraterritoriality?


「extra-territoriality」「extra-territorial rights」と区切ると覚ええやすです。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする