「I’m sick of」の意味と使い方

スポンサーリンク

「I’m sick of it.」という文章を見た時に、その意味をよく理解できませんでした。早速、「I’m sick of」の意味と使い方について調べることにしました。

うんざり


■ be sick of ~ – – ~にうんざりしている、~に飽き飽きしている、こりごり

それにはうんざりだ。それにはもう飽き飽きだ。
I’m sick of it.

お前たにはうんざりだ。
I’m sick of you.

その話はうんざりだよ。
I’m sick of hearing it.

彼は彼女の気まぐれにうんざりしていた。
He was sick of her whims.

数学の勉強には飽き飽きだ。
I’m tired of studying math.

その新入社員の態度にはうんざりだな。
I’m sick of the new employee’s attitude.

もう、あの相続問題の話はうんざりだ。
I’m sick of hearing about that inheritance issue.


■ be sick and tired of ~ – – うんざりである、飽き飽きしている、愛想が尽きている

もうそれを聞くのは飽き飽きだよ。
I’m sick and tired of hearing it.

彼の浮気には心底愛想が尽きた。
I am so sick and tired of his affair.

あのカラオケ騒音にはうんざりだ。
I’m sick and tired of that karaoke noise.

いつも母の言いなりになるのはもううんざりよ。
I’m sick and tired of always following my mother.

妹は父親の説教にうんざりしている。
My sister is sick and tired of her father’s lecture.

もうあなたの仕事の愚痴を聞くのは飽き飽きよ。
I’m sick and tired of listening to your complaints about your job.


「be sick of ~」と「be tired of ~」は、ほとんど同じニュアンスで置き換えることができます。
「be sick and tired of ~」は同じニュアンスの重複により、「うんざり」が強調された表現となります。

Pinaさん
Pinaさん
今回の表現は日常で使いやすい表現ですが、相手に誤解されない様に注意して使う必要もありそうです。See you next time!

スポンサーリンク
pinasan.com