「塾、予備校」って英語で言うと?

スポンサード リンク

受験の話をしていて、「塾、予備校」の表現がわかりませんでした。早速、「塾、予備校」の英語表現について調べました。

cram-school


■ (private) cram school / cramming school – – 予備校、学習塾
*「cram」は、「詰込み勉強をする、無理に詰め込む」という意味です。
*「cramming」は、「cram」の現在分詞形です。
*「cram school」の方が「cramming school」より一般的なようです。

彼は予備校生です。
They are cram school students.

週に三回塾に通っている。
She attends cram school three times a week.

私は夏休みの間、毎日塾でした。
I had cram school everyday during the summer vacation.


■ preparatory school – – (受験)プレパラトリースクール、予備校、大学進学予備校、(進学のための)私立学校
*「preparatory」は、「準備の、予備の」という意味です。
*口語では、「prep school」という言い方もします。

私は予備校に通っています。
I go to a prep school.

彼女は予備校生です。
She is a preparatory school student.

ケイリーは、米国のプレパラトリースクールの生徒です。
Kaylee is a student of an American preparatory school.

あれは大手の予備校です。
That is a major preparatory school.


See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする