超大型台風30号直撃のフィリピンの被害状況Part1

スポンサード リンク

2013年11月8日、超大型台風30号が上陸したフィリピンでは、当初数名の死者と報告されていましたが、中部のビサヤ地方レイテ州を中心に1,000名を遥かに超える死者、多くの負傷者、被災者が出ていることが判明しました。タクロバン市の空港も壊滅的な被害を受けた模様です。

また、レイテ州には日本人約100人が居住者がおりますが、連絡が取れないケースもあり安否が気遣われています。

今後の救済活動では、さらに多くの犠牲者が発見される可能性が高くなっています。
一刻も早い救済、支援活動が望まれます。1名でも多くの方が、救助されることを願います。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする