10月15日朝、フィリピンのボホールでM7.1の地震

スポンサード リンク

フィリピン中部地方のボホール島で、10月15日現地時間8:12にマグニチュード7.1の大きな地震が発生いたしました。

国災害当局によると、10月16日、死者155人、負傷者290人以上、被災者300万人以上となっています。行方不明者も依然多く、一刻も早い救助が必要な状況です。


ボホール島は、チョコレート・ヒル、ターシャ(フィリピンメガネザル)で観光地として大変人気のある島です。


被害がでましたのは、震源地のボホール島と日本でも有名なリゾートのセブ島です。18~19世紀に建てられた重要文化財となっている複数の教会も全壊や大きな被害を受けたりしました。

敏速な行方不明者の救助、被災者への緊急支援、街の復興活動を心より願います。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする