「頼る」って英語で言うと?Part1

スポンサード リンク

「人にあまり頼らないように」って言いたかったのですが、「頼る」の表現をどの様に言うか迷いました。確か、いろいろな表現があったように記憶しています。早速、「頼る」について調べました。


■ depend – – (動詞)頼る、頼りにする、依存する、当てにする

リリィは親を頼らない。
Lily doesn’t depend on her parents.

私の家族は私に頼っている。
My family depends on me.

君はいつも親に依存してはいけない。
You should not always depend on your parents.

あまり人に頼り過ぎるな。
Don’t depend on other people too much.


■ rely – – 信頼する、当てにする、頼る、依存する

他人に頼ってはいけない。
Don’t rely on others.

私はもう誰にも頼らない。
I don’t rely on anyone anymore.

あなたはベンジャミンを当てにしてもよい。
You can rely on Benjamin.

他人を当てにすべきではありません。
You should not rely on others.


「depend」「rely」 も、目的語が来る場合には、「depend on~」「rely on~」となります。

「depend」と「rely」の違いについても調べました。
「depend」は、自分の力不足のために、「依存する」「ぶらさがる」というニュアンスがあります。
「rely」 は、何らかの経験や判断に基づいて、「信頼する」「当てにする」というニュアンスがあります。

いい年をした子供が親に依存する場合には「depend」、ある人が経験や技術を持っているので当てにする場合には「rely」 を使います。


「頼る」って英語で言うと?Part2に続きます。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする