「例外」って英語で言うと?

スポンサード リンク

ミーティングで「この規則には一切の例外もありません。」と言いたかったのですが、「例外」の表現がわかりませんでした。早速、「例外」について、調べることにしました。


■ exception – – (不可算名詞)例外、除外、(可算名詞)例外、異例
■ make an exception – – 例外とする、別扱いにする

それは例外だ。
That’s an exception.

私も例外ではない。
I’m no exception.

外交官とて、この規則の例外ではない。
Diplomats are no exception to this rule.
*「diplomat」は、「外交官」という意味です。

あなただけ例外。
You are the only exception.


彼女の場合は例外にしよう。
In her case we will make an exception.

彼らの場合は例外とする。
We will make an exception of their case.


どんな規則にも例外はある。
There are exceptions to every rule.

例外のない規則はない。
There is no rule without exception.

どんな規則にも例外はある。
Every rule has its exception.


今回調べたことで、「例外」は、前置詞「except」の名詞形を使うことが分かり、使い方もある程度理解しました。

フィリピンの法令は、日本以上に複雑で分かり難いです。当然、警察官や公務員、弁護士に至るまで、法律を熟知している人は少ないです。そのため、例外が非常に多く、運用はかなり適当であるように見受けられます。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする