「大切な」「大切な人」って英語で言うと?

スポンサード リンク

「彼らは私の大切な友人たちです。」と言いたかったのですが、「大切な」の表現に迷いました。「important」ですと、少しニュアンスが異なる気がします。早速、「大切な」「大切な人」の表現を調べました。


■ precious – – (形容詞)貴重な、高価な、貴重で、大切で、かわいい、ありがたい、(名詞)[呼びかけで] かわいい人、大事な人

地球上の全ての命は大切である。
All life on this planet is precious.

私は大切な生徒たちを持っています。
I have my precious students.

この子たちは、私たちの大切な孫です。
The children are our precious grandchildren.

私はあなたを大切に思っています。
I think of you as precious.

健康ほど大切な物はない。
Nothing is more precious than health.

今日は私たちが最初に出会った大切な日です。
Today is the precious day that we met for the first time.

私にとって日記に書かれているこの言葉は大切です。
This word is written in the diary is precious to me.

せっかくのご馳走を台無しにしてしまった。
I have spoiled the precious dinner.


「important」「valuable」「precious」は、いずれも「大切な、重要な、価値ある」と言う意味ですが、ニュアンスがそれぞれ異なります。

「The president is an important person to our company.」は、「社長は、会社にとって重要な人です。」のように客観的に必要性がある重要というニュアンスです。

「 The physicist is a valuable person to our country.」は、「その物理学者は、我が国にとって価値のある人です。」のような金銭的な価値があるニュアンスです。

「My sons are precious persons to me.」は、「私の息子たちは、私にとって大切な人です。」のようにかなり主観的にかけがえのない大切というニュアンスです。例文では、人以外の物や言葉、日、時間などにも使われています。ニュアンスとしては、自分にとって、非常に意義がある大切というニュアンスと捉えると良いのではと思います。


See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする