「執念深い」「根に持つ」って英語で言うと?

スポンサード リンク

友人との会話で、「そんなことしたら執念深く恨まれるよ。」って言いたかったのですが、「執念深い」の表現がわかりませんでした。以前「しつこい」を取り上げたことがありますが、関連がありそうです。早速、調べました。


■ hold a grudge – – 恨みを抱く、根に持つ
*「grudge」は、「恨み、遺恨」の意味です。
*動詞が「hold」ですので、ある程度長期間にわたって恨む場合の表現の様です。

あの犯罪者は執念深いぞ。
That criminal can really hold a grudge.

ヘイリーがそのせいで私を執念深く恨まないことを願います。
I hope Hailey won’t hold a grudge against me because of it.

ソフィーは誰に対しても根に持たない性格だ。
Sophie doesn’t hold a grudge against anybody.

あの男に恨みを抱く理由はない。
I have no cause to hold a grudge against that man.


■ persistent – – (形容詞)しつこい、がんこな、根気強い

あの老女は執念深い性格だ。
The old woman is a person with a persistent character.

彼女は執念深い。
Her nature is persistent.
*「nature」は、「本性、天性、性質」という意味です。


■ grudge holder — 執念深い人、恨みを持ち続ける人

■ forgive – – 許す、大目に見る

■ forget – – (動詞)忘れる、思い出せない

■ never forget – – 決して忘れない、絶対忘れない、ずっと忘れない

許し方、あなたが世界に通用する執念深い人であったとしても(記事タイトル)
How to Forgive Even If You’re A World-Class Grudge Holder

コナーは、誰かが彼を怒らせた時、決してそれを忘れないだろう。
Connor never forgets it when somebody makes him mad.


「執念深い」という表現では、「hold a grudge」が一番使い易い様に思いました。相手に応じて、さらに分かりやす表現にする場合には、「never forget」を使うのも良いでしょう。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする