「加害者」って英語で言うと?

スポンサード リンク

「加害者」って、日常生活でも割と使います。特にフィリピンは、いろいろな事件が多いので、その話をする時に頻繁に「加害者」「被害者」などを使います。いつも、分り難いと思っていました。
早速、調べました。

加害者
batterer, assailant, , perpetrator, victimizer, wrongdoer, murderer
individual at fault

加害者と言っても、暴力を振るわれた加害者、交通事故の加害者、お金を盗まれた加害者、殺された加害者など、いろいろな加害者がいます。ですので、加害者を表現する単語は、これ以外にもまだまだありそうです。どれがメインと判断することもなかなか困難です。


加害者
a person who caused damage

これは「損害を引き起こした人」ですから、割と汎用的に使用でき、覚えるもの容易かと思います。

被害者は、「a person who suffered damage」や「a person to whom damage」などという表現もできますね。


事故の加害者
an offender who caused the accident
offender – – (法律上の)犯罪者,反則者

加害者は拘引された。
The assailant was taken into custody.

私は、私達が、犠牲者と加害者ではなく、パートナーであると思った。
I thought we were partners, not victim and victimizer

警察はその犯罪の加害者を逮捕しました。
The police arrested the perpetrator of the crime.


また、この様な表現で加害者を表すこともできます。

誰が(どっちが)加害者ですか?
Who/Which is responsible for this?

誰が(どっちが)加害者ですか?
Who/Which is to blame?
blame – – (他動詞)非難する。とがめる 。

私とあなたのどっちが加害者なんだ?
(どちらがより損失したのか?)
Who lost more, you or me?

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする