「有罪」「無罪」「冤罪」って英語で言うと?

スポンサード リンク

アメリカのアクション映画などを見ていますと、「有罪」「無罪」「冤罪」などの表現が頻繁に出てきます。今ひとつ理解できていませんので、調べることにしました。


■ guilt – – (不可算名詞)有罪、罪を犯していること、罪があること
■ guilty – – (形容詞)有罪の

彼は罪を白状した。
He confessed his guilt.

彼の有罪は疑いの余地はない。
There is no room for doubt about his guilt.

ライアンは有罪だ。
Ryan is guilty.

ナタリーは有罪と判決された。
Natalie was found guilty.


■ innocence – – (不可算名詞)無罪、潔白.

■ innocent – – (形容詞)無罪の、潔白な

私は身の潔白を主張した。
I maintained my innocence.

グレイスはその男の潔白を証明した。
Grace showed the man’s innocence.

私は無罪です。
I am innocent.

ヘンリーは無罪と判決された。
Henry was found not guilty.


■ false charge / false accusation / unjust accusation – – 冤罪、 無実の罪

無実の罪をきせられた
I was falsely accused.

無実の罪を晴らすのに約 10 年かかった。
It took him about ten years to clear himself of the false charge.

ジョーダンは無実の罪で告発されている。
Jordan is under a false accusation.

コナーは無実の罪で投獄された。
Connor was sent to prison for an offense he never committed.
*「offense」は、軽微な「犯罪」という意味です。
*「commit」は、罪・過失などを「犯す」という意味です。.
*直訳は、「彼は決して犯していない罪のために投獄された。」となります。


フィリピンの司法制度は、まだまだ汚職まみれで信用できません。裁判が突然圧力で取り消されたり、犯罪者が数日後には出所になったり、刑務所の服役者が自由に外出したりなど、司法制度が信用できないので、一般市民も告発することがリスクに感じてしまいます。

治安の改善のためには、経済の平等化と同時に、司法制度の向上が不可欠と言えるでしょう。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする