「参加する」の英語表現のバリエーション

スポンサード リンク

「参加する」の単語で「attend」「join」がすぐに頭に浮かびます。その他、もっと多くの表現がある様ですが、その使い方の区別が良くわかっていません。早速、調べました。

「attend」「join」「participate」「take part in」の5つの意味とその違いも調べました。


■ attend – – (自動詞)出席する、参列する

会議に出席します。
I am going to attend the meeting.

来週講義に主席します。
I will attend a lecture next week.


■ join – – (自動詞)参加する、加わる、加入する、仲間になる

私たち達と一緒にランチしませんか?
Why don’t you join us for lunch?

私は政党に参加するつもりです。
I will join a political party


■ participate – – (自動詞)参加する、あずかる、関係する

彼はその会議に参加出来ます。
He can participate in that conference.

私はその祭に毎年参加します。
I participate in that festival every year.


■ take part in – – 参加する、に加わる、に貢献する

私は就任式に参加しなかった。
I didn’t take part in the installation.

私はこのトーナメントに出場したいです。
I want to take part in the tournament.


「attend」は、参加と言うよりは、予定のある会議やパーティーなどに出席する時に使います。出席した先で、何かをするかしないかは問いません。

「join」は、人と人をつなぐ、仲間になるといううなイメージですので、参加して積極的に一緒に何かをするというイメージになります。口語では、「participate」「take part in」よりも多く使われている様です。

「participate」「take part in」は、具体的に何かの活動に加わり、その活動において何らかの役割を果たすというイメージです。「participate」の方が、「take part in」よりも、フォーマルな表現となります。


See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする