「真似する」って英語で言うと?

スポンサード リンク

ある子どもの姉妹の話をしていて、「妹はいつもお姉ちゃんの真似をしていますね。」って言いたかったのですが、「真似をする」の表現がわかりませんでした。早速調べました。

「真似をする」の意味には、1.相手の言動、振る舞いと同じことをすること。2.形だけ似た動作を模倣すること。の2つの意味があります。今回は1について調べました。


■ copy – – (他動詞)まねる。ならう。

私の娘はいつも私の真似をする。
My daughter always copies me.

あなたはお姉さんの真似をしなさい(見習いなさい)。
You should copy your sister.

私は真似されるのが嫌いです。
I hate being copied.

真似しないでよ。
Do not copy me.


■ imitate – – (他動詞)まねる。模倣する。見習う。手本にする。

私はあなたの真似をします。
I imitate you.

最近ママのまねをするのよ。
Recently, he’s been imitating his mommy.

娘はいつも私の真似をする。
My daughter always makes impressions of me.

オウムは人の声をまねることができる。
A parrot can imitate human voices.

アレクシスは最近先生の真似をするのが好きです。
Alexis likes to imitate the recent teacher.

あなたは私の真似をしてはいけません。
Don’t imitate me.


■ mimic – – (他動詞)まねる。まねしてばかにする。

アレクサはものまね上手だ。
Alexa is a good mimic.

私もそれを真似しようかなぁ。
I wonder if I should mimic that.

そのカラオケバーは誰にも真似ができないような個性のあるお店です。
The karaoke bar has a distinct character that no one can mimic.


「copy」 は、「写す」「複写する」と言う意味で、元の物とそっくり同じようなものを作ろうとすることです。

「imitate」 は、「似せる」「模写する」と言う意味で、ふざけたりばかにしたりする意味を含みません。

「mimic」 は、人のことばや身ぶりをふざけたり、ばかにしてまねをすることです。

今回の私の場合には、若干ニュアンスが変わりますが、「copy」でも「imitate」でも使える様に思います。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする