「どちらでも良い」「どっちでもいい」って英語で言うと?

スポンサード リンク

土日のどちらご都合が良いか聞かれて「どちらでもいいです」って言いたかったのですが、うまく言えませんでした。「Both are available.」と言いましたが、確かもっと良い表現があった様に思います。

「どちらでも良い」「どっちでもいい」「どっちでも大丈夫」「どちらでも構いません」「どちらでも」などの表現について早速調べました。


質問文の例です。

「土曜日と日曜日のどちらが都合が良いでしょうか?」
Which one is more convenient for you, Saturday or Sunday?

「赤ワインと白ワインのどちらになさいますか?」
Which would you prefer, red wine or white?

—————————————————————-

回答文の例です。

どちらでも良いです。
Either is fine.
Either is OK.
Either will be fine.
Either will be OK.
*「either」は、代名詞で「どちらでも。」の意味です。

どちらの日でも良いです。
Either day is fine.
Either day is OK.

どちらでも良いです。
It’s up to you.
直訳は、「あなたに合わせます。あなた次第です。任せます。」の意味です。

どちらでも良いです。
I don’t mind.
直訳は、「気にしませんよ。」の意味です。

どちらでも良いです。
Whatever you like.
Whatever you like is fine.
直訳は、「あなたの好きなようにどうぞ。」の意味です。

どちらでも良いです。
It’s all the same to me.
直訳は、「私にとってはどちらでも同じです。」の意味です。

どちらでも良いです。
Whatever!
直訳は、「なんでも。なんなりと。」の意味です。

どちらでも良いです。
I don’t care.
直訳は、「気にしませんよ。」の意味です。

「Whatever!」「I don’t care.」は、言い方によっては「何でもいいよ。」「どうでもいいよ。」と無関心なニュアンスとなり失礼に聞こえることがあるそうです。シチエーションで使い分ける必要があります。


個人的には、「Either is fine.」「It’s up to you.」「I don’t mind.」を覚えておくと便利だと思います。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする