「last」「final」「end」の違いについての考察

スポンサード リンク

最後、最終を表す「last」「final」「end」の使い分けが以前から気になっていました。早速、調べました。


■ last – – [時間・順序が]最後の、終わりの、最終の

「last」は連続したもののいちばん最後のものを表わします。の一連の事物の完了・終結を必ずしも示してはいません。
終電(last train)、最終便(last fight)、最後の注文(last order)、最終価格(last price)、最後のチャンス(last chance)、最後の侍(last Samurai)などが該当します。

私は酒を止めた。
I drunk my last cup.

私は終電を逃すかもしれない。
I might miss the last train.

お久しぶりです。
It’s a long time since I met you last.

イザベラは最後の問題に答えられなかった。
Isabella couldn’t answer the last question.


■ final – – 最終の、最後の、終的な、決定的な、究極的な

「final」 はある一連の事物がそれで終結することを表します。最後、最終と言うことが強調される意味です。
最終目的地(final destination)、最終締め切り(final deadline)、最終局面(final stage)などが該当します。

この決定は最終的だ。
This decision is final.

今日が最後のレッスンになります。
Today will be the final lesson.

学年末試験は明日から始まる。
Final exam start tomorrow.

最終投票がすべてを決めた。
The final vote was decisive.


■ end – – [時間・物事の] 最終の、最後の

途中の経緯や順番には関係なく、とにかく「端」という意味を表します。
週末(weekend)、月末(the end of a month)、縄の端(an end of a rope)、最終消費者(end user)などが該当します。

金が尽きた。
I have come to the end of my money.

試験が済んだ。
The examination is at an end.

いつ雨季は終わりますか?
When will the rainy season end?


「last」と「final」は、置き換えることができる場合も多い様です。終電も、「last train」「final train」のどちらも使うことができます。ただ、 「final」は、より最後の意味が強調されます。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする