「相性が良い」「相性が悪い」って英語で言うと?Part1

スポンサード リンク

「彼女とは相性がいいんです。」って言おうとして言えませんでした。「相性」「相性が良い」「相性が悪い」について、早速調べました。

「相性」とは、誰かとの人間関係が良いとか悪いとかの様な状態を表す時に使います。人以外の物にも使うことがあります。「相性が良い」は、「気が合う」「肌が合う」「うまくいく」などの意味です。


■ compatible with – – (~と)相性が良い。互換性がある。両立できる。

私は彼とは相性が良いです。
He and I are very compatible.

クリストファーは相性の良いパートナーだ。
Christopher is a compatible partner.

妻と私は性的に相性が良くない。
My wife and I are not sexually compatible.
*「sexually」は、副詞で「性的に」の意味です。

ケイトとダニーは、カップルとして非常に相性がよい。
Cate and Danny are very compatible as a couple.

どうも彼と私は相性が悪い。
Somehow he and I just aren’t compatible.
*「Somehow」は、副詞で「どういうわけか、なぜか、どうも」の意味です。


■ chemistry – – (不可算名詞)相性、化学.

私たちは相性が良い。
There is chemistry between us.
私たちは相性が悪い。
There is no chemistry between us.

彼らは相性が良い。.
They have good chemistry.
彼らは相性が悪い。
They have bad chemistry.

お互い相性がいい。
The chemistry is right for us.

彼女との相性称は全くダメだ。
My chemistry with her is terrible.

彼らの相性は、最初から悪かった。
Their chemistry was wrong from the beginning


フィリピン人の人の間でも、もちろん相性の良い悪いはありますが、日本人と比べると相性のレンジはかなり広いと感じます。やはり、大家族で生活する国ですので、相性にこだわらずに誰とでも仲良くするという文化が根付いているのでしょう。とても、良いことだと感じます。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする