「似ている」って英語で言うと?Part1

スポンサード リンク

「彼女はお母さんにそっくりですね。」って言えませんでした。似ているの表現について、再度調べてみました。

いろいろな表現がありますので、今回は動詞と形容詞の二つに分類することにしました。


■ resemble – – (他動詞)似ている

カミラは有名なシンガーに似ている。
Camila resembles a famous singer.

彼女は母親にとてもよく似ている。
She closely resembles her mother.

ケイデンは父に性格がよく似ている。
Kayden resembles his father in character.

スカイラーは母親と外見は似ているが、性格は似ていない。
Skylar resembles her mother in appearance but not in character.


■ take after – – をまねる。に似る。

「take after」は、afterという単語の語源からも、若い世代の人が世代の上の人(親、祖父母など)に似ている場合のみ使います。受け継いでいるのニュアンスですので、知人や有名人と似ている場合には使いません。

アーロンは父親に似ている。
Aaron takes after his father.

彼女は母親に全然似てない。
She doesn’t take after her mother at all.

あなたは両親のどちらに似ていますか?
Which of your parents do you take after?

彼女の高い鼻と陽気な気質は祖母に似ている。
She takes after her grandmother with her high nose and cheerful disposition.


■ look like – – のように見える。

「look like」は、「似ている」という意味もありますが、基本は「のように見える」というニュアンスです。

あなた方は、姉妹みたいに見えるね。
You two ladies look like sisters.

あなたはバレリーナみたいだね。
You look like a ballerina.

あなたは天使のように見える。
You look like an angel.


フィリピンの人は、各国の血が混じっていますので、かなりいろいろな外見の人がいます。アメリカ人に見える人、中東の人に見える人、中国人に見える人、アフリカ人に見える人など。
フィリピンの女性は、時々日本人に見える人がいます。思わず「日本の方ですか?」と声を掛けようかと思いましたが、流暢なタガログ語を話していましたので、間違いなくフィリピンの女性でしょう。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする