「わざわざした」「わざわざして頂いて」って英語で言うと?

スポンサード リンク

「わざわざ来てくれたの」って言おうとして、ちょっと迷いました。どの様な表現が良いか早速調べました。

「わざわざ」とは、意識的に何かをすることを言う時の表現です。手間暇かけて、労力を割いてなどの様なニュアンスです。そのまま英語にはなりませんので、適切な表現を使う必要があります。


■ take trouble – – 尽力する。骨を折る。

わざわざお越しいただきありがとうございます。
Thank you for taking the trouble to come here.

わざわざ手伝いに来ていただいてありがとうございます。
Thank you for taking the trouble to come and help us.

わざわざそこへ行くまでのことはない。電話でいいよ。
Don’t take the trouble to go there. A telephone call will do.


■ all the way – – はるばる。わざわざ。道中ずっと。

わざわざ私に会いに来てくれてありがとう。
Thank you for coming all the way to see me.

わざわざ家まで送ってくれてありがとう。
Thank you very much for driving me all the way to my house.

わざわざ見送りに来てくれてありがとう。
Thank you very much for coming all the way to see me off.


■ why bother~ – – ~する必要はない。なぜわざわざ~するの?

わざわざクリニックに行く必要あるの?
Why bother going to the clinic?

どうしてわざわざバスで行くの?タクシーで行こう。
Why bother going by a bus? Let’s take a taxi.

良い仕事がここにはたくさんあるのに、わざわざ外国にいく必要ないでしょう。
Why bother to go abroad, when there are so many good jobs here?

なぜイーサンがわざわざそんなことをしなければいけないの。
Why should Ethan bother doing that?

「わざわざする必要がない」と言う否定の場合には、「Don’t bother」という表現があります。

わざわざこの手紙に返事をされる必要はないです。
Don’t bother to answer this note.

わざわざ来なくて結構ですよ。
Don’t bother to come to my house.


■ go out of one’s way to ~ – – わざわざ~する。~するために力を尽くす。
*go out of the wayでも同じ意味です。

わざわざ私の誕生日を祝ってくれてありがとう。
Thank you for going out of your way to celebrate her birthday.

私はわざわざ健康診断を受ける必要がない。
I don’t need to go out of my way to take a health examination

わざわざそうされなくても良いです。
You don’t have to go out of your way.


See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする