「もう帰る」「そろそろ帰る」って英語で言うと?

スポンサード リンク

「もう帰るね」「そろそろ帰るね」って、どのように表現していますか?私は「I’m leaving now.」をよく使います。早速、「もう帰る」「そろそろ帰る」の表現について調べました。


そろそろ失礼します。
I’m leaving now.
*「leave」は「去る、出発する」という意味です。

そろそろ家に帰ります。
I’m going home now.
*「go home」は「家に帰る」という意味です。

そろそろ行きます。
I’ll be going now.
*「go」は「行く」という意味です。

そろそろ家に帰ります。
I’ll go home soon.
*「soon」は「まもなく、そろそろ」という意味です。

そろそろ行きます。
I’d better go now.
*「I have better to go.」の省略です。

そろそろ行きます。
I’d better get going.
*「get going」は「行く、動き出す、始める」という意味です。

そろそろ失礼します。
I’m out of here.
*「I’m out」は「外へ、出ていく、外出」という意味です。
*「I’m out.」と省略できます。

そろそろ家に戻ります。
It’s time to go home.
*「It’s time to」は「~する時間です」という意味です。


カジュアルな表現です。

行かなきゃ。
I gotta go.
*「I got to go.」又は「I have got to go.」の省略です。


「帰らないといけない」ということを少し強調した表現です。

家に帰らないといけません。
I should go (home) now.
I have to go (home) now.
I must go (home) now.


上記はほんの一例で、まだまだ多くの表現が考えられます。あえて難しい表現を使う必要はないと思いますが、いくつかの表現を状況により使い分けできると良いかと思います。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする