「時間との戦い」って英語で言うと?

スポンサード リンク

ニュースで「救出作業は時間との戦い」というのがありました。早速、「時間との戦い」の表現について調べました。


■ time – – (名詞)時、時間、時の経過、歳月
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。
*過去、現在、未来と続く時間は不可算名詞として扱われますが、ある一定の長さとして、この1時間、この3分などの場合には不可算名詞として扱われます。

■ clock – – (名詞)時計、生物時計、体内時計
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

■ battle – – (名詞)戦い、戦闘、勝利、成功
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

■ fight – – (名詞)戦い、戦闘、会戦
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

■ race – – (名詞)競走、レース
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

救出作業は時間との戦いである。
The rescue operation is a battle against time.

検定試験は時間との戦いである。
The certification exam is a fight against time.

この手術は時間との競争になるだろう。
The operation will be a race against time.

このプロジェクトは時間との勝負だ。
This project is a fight against the clock.

その作業は時計との競争であった。
The work was a race against the clock.


時間の表現になぜ、時計の「clock」が使われるのか気になりました。「against the clock」は、「時計と競争で、時計とにらめっこで、大急ぎで」という意味となります。そのため、「battle」「fight」「race」などと組ませることで「時間との戦い」というニュアンスになります。とても納得できました。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする