「What happened?」「What’s happened?」「What’s happening?」の違いを考察

スポンサード リンク

日常で「どうしたの?」と尋ねる時に、「What’s happened?」とそれに似た表現がいくつかあるので少し迷う時があります。早速、「What happened?」「What’s happened?」「What’s happening?」の違いについて調べました。


■ What happened? – – どしたのですか?何があったのですか?
*「What happened?」は、過去形で単に過去に起きたことを尋ねています。

昨夜、その場所で何があったのですか?
What happened in that place last night?

今朝、何があったか私に教えてください。
Could you tell me what happened this morning?

彼女は状況をよく覚えていないようです。
It seems that she doesn’t remember what happened.


■ What’s happened? – – どしたのですか?何があったのですか?
*「What’s happened?」は、「What has happened?」の省略形です。現在完了形で、過去に起きたことが現在も継続している、又は現在にも影響がある場合に使われます。

何が起きているのか私に教えてください。
Could you tell me what has happened?

あれからあのプロジェクトはどうなっていますか?
What’s happened to that project since then?

「妹はまだ帰宅していない。彼女にに何か起こったのかな。」
“My sister hasn’t been home yet. I wonder what has happened to her.”


■ What’s happening? – – 何が起こっているのですか?
「What’s happening?」は、「What is happening?」の省略形です。現在進行形で、今現在、発生していることを尋ねています。

今、その小さな町で何が起きてるのですか?
What is happening in the small town now?

あなたの部署で何が起きているか報告してくれ。
Report me on what’s happening at your section.

私たちその島で起きていることが気になります。
We are worried about what is happening on the island.


See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする