「picky」「picky eater」の意味と使い方

スポンサード リンク

食事に関しての知人からのメッセージに「I’m not a picky eater always.」というのがありました。「picky」の意味が分かりませんでした。早速、「picky」「picky eater」の意味と使い方について調べました。


■ picky – – (形容詞)えり好みする、気難しい、神経質な、口やかましい、煩い
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

■ picky about ~ – – ~の好みがうるさい。~に関してこだわりがある。

■ picky eater – – 食べ物により好みをする人、好き嫌いの多い人
*「eater」は、「食べる人」という意味です。

あなたは選り好みし過ぎだ。
You are too picky.

妻はとても細かい事にこだわる。
My wife is so picky.

私は食べ物に関してこだわりがある。
I’m picky about food.

ステラは男の選り好みが激しい。
Stella is so picky with guys.

私は腕時計こだわっている。
I’m picky about wrist watches.

うちの坊やは好き嫌いがある。
My little son is a picky eater.

君は細かい事にあまりこだわるのを止めるべきだ。
You should to stop being so picky.

食べ物で好き嫌い言わないの。
You should not be picky about food.

妻は服装の好みにうるさい。
My wife is picky about what she wears.

近頃の子供たちは好き嫌いがとても多い。
Children nowadays are such picky eaters.
*「nowadays」は「近頃は、最近は、この頃は」という意味です。

夫は食べることにこだわりがない。
My husband is not picky about what he eats.

ケヴィンは音楽に関しては選り好みが激しい。
Kevin is very picky when it comes to music.
*「when it comes to」は、「~に関して言えば、~のことになると」という意味です。


See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする