間投詞「~, right?」の意味と使い方

スポンサード リンク

会話でも文章でも「~, right?」を見聞きします。自分ではほとんど使ったことがありません。早速、間投詞「right?」の意味と使い方を調べました。

「付加疑問文」は、「~ですよね?」と聞き手に「確認する」「念を押す」表現です。「~, don’t you?」「~, isn’t he?」「~, won’t they?」のように主語や動詞によって、表現が変わります。慣れていませんと口語で使うことはなかなか難しいように感じます。

「間投詞」としての「right?」は、「正しいよね?」「合っている?」「ですよね?」「そうでしょう?」のように、多分間違いないけれども、それが正しいことをさらに確認する、念を押す表現です。主として口語やカジュアルな場で使われます。


わかたよね?
You got it, right?

あなたは刺身好きでしょう?
You like sashimi, right?

冗談でしょう?
You must be joking, right?

その映画は素晴らしいでしょう?
This movie is great, right?

明日参加できるよね?
You can join us tomorrow, right?

あなたは彼がどこへ行ったか知ってるよね?
You know where he has gone, right?

ディランは昨年、エラと結婚したんだよね?
Dylan got married Ella last year, right?

君の上司はアメリカ人ではなくヨーロッパ人ですよね?
Your boss is European not American, right?

今、フィリピンに住んでいるのですよね?
You’re living in the Philippines now, right?

ご主人は海外出張中ですね?
Your husband is currently on a business trip overseas, right?


「right?」の発音は疑問文として文末のイントネーションを上げます。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする