「民泊」って英語で言うと?

スポンサード リンク

フィリピンではここ数年民泊が急増しています。都心部のマンション形態が多く見受けられます。「民泊」の話をする時には「民泊」の意味で「AirBnb」を使っていますが、それは固有名で「民泊」の意味ではありません。早速、「民泊」の表現について調べました。


■ lodging – – (名詞)宿泊、下宿、貸間、間借り、宿
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

■ renting – – (名詞)貸し、賃借、賃貸、借入れ、賃借り

■ rental – – (名詞)貸借、(形容詞)賃貸の
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

■ inn – – (名詞)宿屋、小旅館、小ホテル
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。


■ vacation rental – – 貸し別荘、民泊
■ VRBO(Vacation Rentals By Owner) – – 貸し別荘、民泊

■ private lodging – – 素人下宿、貸別荘、民泊
■ private lodging house – – 素人下宿、貸別荘、民泊
■ private lodging accommodation – – 素人下宿、貸別荘、民泊

■ homestay – – ホームステイ

■ renting private home – – 貸し家、民泊
■ renting private room in a house – – 貸し間、民泊

■ private stay – – 個人泊、民泊
■ private home rental – – 個人宅の貸借
■ private renting – – 個人宅の貸借
■ private inn – – 民泊

■ bed and breakfast(B&B, B and B) – – 朝食付き民宿


現在の民泊は、「下宿」「民宿」のスタイルから「マンション」「一軒家」「リゾートハウス」の貸し出しが増えてきています。また、用途も個人旅行から家族旅行、ビジネス出張まで多岐に渡っています。そのため、「民泊」の意味で比較的多く使われている「vacation rental」が少し実態に合わなくなっている様に思います。

個人的には「private lodging house」「renting private home」「private home rental」などが現在の「民泊」のニュアンスに近い様に思います。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする