「してしまった」って英語で言うと?

スポンサード リンク

今回の「してしまった」とは、通常の「完了形」の意味でなく、「しなくても良いのに間違いなどでしてしまった」という様な失敗、後悔などニュアンスを伴う表現です。良く使う表現なのですが言えませんでしたので、早速調べました。


他の書類を持って来た。
I’ve brought other documents.

この場合に、間違いやミスであったことをもっと明確に表現したいと思います。


「by mistake」を付けることでミスを明確に伝えます。

間違えて他の書類を持って来てしまった。
I’ve brought other documents by mistake.


「うっかり」「不幸にも」「悲しいことに」などの副詞を付けることでそのニュアンスを明確にします。

うっかりして他の書類を持って来てしまった。
I’ve carelessly brought other documents.

不運にも他の書類を持って来てしまった。
Unfortunately I’ve carelessly brought other document.

carelessly – – 不注意に。うっかりして。うかつにも。.
unfortunately – – 不幸にも。不運にも。あいにく。遺憾ながら。
regrettably – – 残念にも。遺憾ながら。痛ましくも。.
sadly – – 悲しいことに。残念ながら。.
unsuitably – – 不適当な様子で。
inappropriately – – 不適当に。不適切に。
inadequately – – 不適切に。不適当に。


文を2つにして、その結果が残念や失敗であったことを伝えます。

他の書類を持って来てしまった。がっかり。
I’ve brought other documents. I’m disappointed.

他の書類を持って来てしまった。馬鹿だなぁ。
I’ve brought other documents. I’m a fool.


「shouldn’t」を使うことで、「すべきではなかった」という失敗や後悔をより明確に伝えます。

他の書類を持って来てしまった。(持って来るべきではなかった。)
I shouldn’t have brought other documents..

妻と口喧嘩してしまった。(すべきではなっかった。)
I shouldn’t have quarreled with my wife,

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする