「with respect」「with all due respect」の意味と使い方

スポンサード リンク

英語の調べ物をしている時に「with all due respect」という表現がありました。意味がよく理解できませんでしたので、早速、「with respect」「with all due respect」について調べました。


■ due – – (形容詞)正当の、当然の、相応の、当然~に帰すべきで
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

■ respect – – (名詞)敬意、尊敬
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

■ with all due respect – – お言葉ですが、失礼ですが、もっともですが、恐れながら

「with respect」でも、「with all due respect」とほぼ同じ意味合いとなります。

相手に対して何らかの、不賛成、批判や反論をする時の前置き的な表現です。意味としては、「お言葉を返して申し訳ありませんが」のように相手に対して一定の敬意を表すような意味となります。

失礼ですが、私はその案には同意できません。
With all due respect, I cannot approve of the plan.

あなたは試験に失敗すると思うよ、お言葉を返すようだけど。
I think you fail the exam, with all due respect

私の友人に失礼ならがも、私はこの決定に反対です。
With all due respect to my friend, I disagree with this decision.

お言葉を返すようですが、上司はあなたが彼ら側へ行くかどうかを知りたがっています。
With all due respect, my boss wants to know whether you’re going to be on their side.


映画などでも時々出てくる表現ですので、是非、覚えておきたいです。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする