「仕方ない」って英語で言うと?

スポンサード リンク

「仕方ない」は、「どうしようもない」「しょうがない」「他に方法がない」の様なニュアンスです。良く使いますが、言えませんでしたので早速調べました。


これらは、「できることは何も無い」「選択肢が無い」から「仕方がない」というニュアンスになります。

There is nothing I can do.
There was no way that I can do.
There is no way around it.

I have no choice.
There is no other choice.
I have very little choice.


これらは、「そうせざるを得ない。」「助けることができない」から「仕方がない。」というニュアンスになります。

I can’t help it.
Can’t help it.
There is no help for it.

It can’t be helped.
*やや困難な状況などでそれを避けられないの意味。頻繁には使われないそうです。


「どうしようもない。」「お手上げです。」という意味で、「give up」を使います。「give up」という表現は、今回のニュアンスにはマッチする時が多そうな気がします。

I give up.
I am out of luck, so I give up.
*直訳は「ついていないから諦める」的な意味です。


「これが世の中というものさ。」から「もう仕方ない」のニュアンスになります。

That’s life.
Such is life.
That’s the way it goes.


いろいろな表現がありますが、今日は「I have no choice.」「I can’t help it.」「That’s life.」の3つを覚えることにしました。状況に応じて使い分けしましょう。

3つのフレーズを覚えるほか仕方ないですね。
I have no choice but to memorize the three phrases.

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする