「打撲」「打ち身」って英語で言うと?

スポンサード リンク

「転んで脚に打撲を負った」と言いたかったのですが、「打撲」の表現がわかりませんした。早速、「打撲」「打ち身」について調べました。


■ bruise – – (可算名詞)打撲、打ち身、傷あと、(動詞)打撲傷を与える、を傷つける、打ちあとがつく、傷あとがつく
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

脚に打撲を負った。
I got a bruise on my leg.

息子は膝にあざができた。
My son got a bruise on his knee.

左肩に打撲傷を負った。
I got my left shoulder bruised.

頭部を打撲した。
I bruised my head.

ひざに打ち身をした。
I bruised my knee.

私はテーブルに足をぶつけて、膝にあざができた。
I hit my leg on the table and got a bruise on my knee.

孫娘は自転車から落ちて足に打ち身を負った。
My granddaughter fell off my bicycle and bruised her leg.

シャワー室で滑って転んで、お尻にひどい打撲した。
I slipped and fell in shower room and badly bruised my buttocks.


「bruise」には、植物・果物などの「傷」、植物・果物などに「傷をつける」「傷める」という意味でも使われます。「Strawberries bruise easily.」は、「いちごは傷つきやすい。」という意味になります。

桃は傷がつきやすい.

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする