「necessary」「required」の違いについての考察

スポンサード リンク

「~が必要です」という時に、「necessary」「required」のどちらが適切なのか時々、迷うことがあります。早速、「necessary」「required」の違いについて調べました。


■ necessary – – (形容詞)必要な、なくてはならない、必然の
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

サインが必要です。
A signature is necessary.

部品の交換が必要です。
Replaceable parts are necessary.

この項目の入力は必須です。
The entry of this item is necessary.

私は必要な書類を全て準備しました。
I have prepared all the necessary documents.


■ required – – (形容詞)必要な、必要とされる、必修の、必須の
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

これは必須項目です。
This is required items.

ビジネス英語が必修である。
Business English is required.

車両保険は法律で義務付けられている。
Vehicle insurance is required by law.

それには予約が必要です。
A reservation is required for that.

卒業論文は卒業のための必須ではない。
A graduation thesis is not required for graduation.


「necessary」と「required」の違いについてです。

まず、英英辞典で調べました。あまり上手く訳せていませんので、ご了承ください。

「necessary」
Needed to be done, achieved, or present; essential.
終了のため、成し遂げるため、提出のためにに必要とされる、なくてはならないもの。

「required」
Officially compulsory, or otherwise considered essential; indispensable.
公的に強制的な、必要なものと見なされれる、必要不可欠なもの。

「necessary」は「必要であり、無いとどうなっても知りません」という様なニュアンスです。「required」は「必要であり、無いと受付ません、できない、完了しません」という様なニュアンスです。

どちらを使っても問題ない場合もありますし、意味が違ってしまう場合もあります。下記は違いが分かりやすい例文です。

すぐに輸血が必要です。(輸血しないとどうなるかわかりませんよ。)
A blood transfusion is necessary immediately.

そこへ行くにはガイドが要求される。(ガイドがいないと行くのが許されませんよ。)
Guide to go there is required.


See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする