「see」と「meet」の違いを考察

スポンサード リンク

久しぶりに会ったスコットランド人の人に「Nice to meet you again.」と言いましたら、「Nice to see you again.」と返事が戻ってきました。

「meet」は初めて会った人に使う、「see」は二回目以降に使うと記憶していますが、間違って使ったかもしれません。早速、「see」と「meet」の違いを調べました。


■ see – – (動詞)見る、見える、会う、面会する

「see」にはいろいろな意味がありますが、語源は「目でとらえる」というニュアンスがあります。従って、距離が離れていて見えただけでも「see」を使うことができます。

■ meet – – (動詞)出会う、出くわす、すれ違う、知り合いになる

「meet」は、両者が「接近する」「出くわす」というニュアンスがあります。そのため、お互いが近い距離で、かつ出会いを認知した時に使われます。


1.初めて会った場合には「meet」を使います。

初めまして。
Nice to meet you.

お会いできて良かったです。
It was nice to meet you.

昨夜、夫の叔父と初めて会って、夕食を一緒に取りました。
I met my husband’s uncle and had dinner together last night.

昨日、アンナさんとマニラ空港で初めて会った。
I met Ms.Anna at Manila airport yesterday.

2.目的を持って会う場合、日時の約束をして会う場合には「meet」を使います。

私が事務所でケニーさんに会って、価格の交渉をします。
I’ll meet Mr.Kenny at the office and negotiate the price.

上司と成田空港で2時に会います。
I am going to meet my boss at Narita airport at 2:00pm.

4.偶然に会った場合には「meet」を使います。

昨夜、トニーと偶然会った。
I met Tony by accident last night.

今朝、電車内で元同僚と偶然会った。
I met my ex-colleagues by chance in the train this morning.

5.以前会った人と会う場合には「see」を使います。

またお会いできて嬉しいです。(しばらくぶりですね。)
Nice to see you again!

ではまた明日に。
See you tomorrow.

明朝、お会いできますか?
May I see you tomorrow morning?

昨日、スーパーであなたの奥さんと会いました。
I saw your wife at a supermarket yesterday.

6.見かけただけの場合には「see」を使います。

今朝、本屋であなたの妹さんを見かけた。
I saw your sister in the bookstore this morning.

私はさっきあなたのガールフレンドを道で見かけた。
I saw your girlfriend on the street a while ago.

7.医者・弁護士・コンサルタントなど会って相談する場合には「see」を使います。

できるだけ早く医者にみてもらったほうがよい。
You’d better see a doctor as soon as possible.

私はあなたが弁護士に会って相談した方が良いと考えます。
I think you should go to see a lawyer for legal advice.


厳密には、まだまだ使い分けのルールがありますが、日常会話では基本だけを押さえておけば良いと思います。

「2.目的を持って会う場合、日時の約束をして会う場合」には「meet」ですが、「see」が使われる場合も多いです。カジュアルな場合には、目的があっても、日時の約束をしていても「see」で問題ありません。

「see」の方が「meet」よりも幅広い意味で使われます。もし、どちらを使うか迷った時には「see」を使った方が良いようです。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする