「vice versa」の意味と使い方

スポンサード リンク

英語の調べてものしている時に、「vice versa」という表現を目にしました。意味が想像も付きません。調べると、なかなか便利な表現であることがわかりました。

vice-versa


■ vice versa – – (副詞)逆もまた同じ、逆もまた真なり、逆に、反対に、
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

■ and vice versa – – 逆もまた同様、逆もしかり

■ or vice versa – – あるいは、逆もまた同様、あるいは、逆もしかり

■ but not vice versa – – しかし、逆はそうではない、しかし、その逆は言えない

イザベラは私のことが好きで、逆もまた同じ(私もイザベラが好き)。
Isabella likes me, and vice versa.

私は妻の性格が嫌いで、逆もしかり。
I hate my wife’s personality, and vice versa.

時間があると金がない、反対の場合もある(金があると時間がない)。
When I’m free, I have money, and vice versa.

マニラからバギオまでバスで行けるし、あるいはその逆も行ける。
You can go by bus from Manila to Baguio or vice versa.

先生は生徒の良い手本になるが、しかし、その逆は言えない(生徒が先生の良い手本になるとは言えない)。
A teacher can be a good example to his or her student, but not vice versa.

私は彼女の幼い息子が嫌いだ。しかしその子は私を嫌いではない。
I hate her little son, but not vice versa.

その逆はどのようになります?
And vice versa?


トランプ氏はメキシコにジレンマ、そしてメキシコも同様(ニュースタイトル)
Trump’s Mexico Dilemma, and Vice Versa


「vice versa」は、「先に言ったことの反対も、また同様」という場合に用いられる表現です。ラテン語が起源のようですが、英語の辞書にも載っていますし、ニュースでも使われています。ネイティブはもちろんでしょうが、英語の中級者レベルの人のどの程度が理解してくれるのかわかりません。
発音も良く勉強して、使いこなせるようにしたい表現です。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする