「米国と離別(決別)」フィリピンのドゥテルテ大統領の発言

スポンサード リンク

日本のニュースで、フィリピンのドゥテルテ大統領が訪問先の中国で「米国と離別する」「米国と決別」と発言を大きく取り上げています。また、アメリカも発言の真意について説明を求めるためにラッセル国務次官補がフィリピン入りすると報じています。

さて、「米と離別」は、原語ではどの様に表現されたのでしょうか?早速、「米国と離別する」「米国と決別」の表現を調べました。

PHOTO: REUTERS

PHOTO: REUTERS


北京でのドゥテルテ大統領のスピーチは下記Youtubeで見ることができます。
Philippines president Duterte announces ‘separation’ from US during China visit


ドゥテルテ大統領は、フィリピンはアメリカと離別すると発表(ニュースタイトル)
Duterte Announces Philippine ‘Separation’ from US

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、アメリカと離別すると発表ーこれがその意味するもの(ニュースタイトル)
Philippine President Rodrigo Duterte announced his ‘separation’ from the US — here’s what that means


■ separation – – (名詞)分離、決別、独立、離脱、別離、離別

ドゥテルテ大統領の当該箇所の言語です。

「私は軍事的、社会的だけでなく、経済的にもアメリカ合衆国からの決別を発表します。」
“I announce my separation from the United States, both in military, not maybe social, but economics also,”
*「venue」は、「会合場所、開催地、予定地」という意味です。
*「honor」は、「名誉、栄誉、面目、体面、儀礼 閣下」という意味です。

「separation」という単語が使われていることがわかります。「両国の関係をすべて絶つ」のようなかなり直接的な表現であることがうかがえます。


See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする