「I hate to say it (this), but 」ってどういう意味?

スポンサード リンク

英語の調べ物をしている時に、「I hate to say it, but I cannot attend that.」という文章を目にしました。意味は何となく想像できましたが、「I hate to say it (this), but」の意味について調べました。

i-hate-to


■ hate – – (動詞)憎む、ひどく嫌う、嫌悪する、嫌う、嫌である、残念に思う
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

「言いにくいのですが・・・・」
I hate to say it but
I hate to say this but
*直訳は、「私はそれを言うことが嫌なのですが、・・・・」となります。

「Oxford Dictionaries」の例文には、次の様なものがありました。

言いにくいけど、今週は記事を書く気になれない。
I hate to say this, but I can’t be bothered to do an article this week.


言いにくいのですが、私はもうすぐ帰ります。
I hate to say it, but I am going to go home soon.

言いにくいんだけど、息子は卵にアレルギーがあるの。
I hate to say it, but my son is allergic to eggs.

言いたくないことだけど、あなたは多分成功しないでしょう。
I hate to say it, but you are not likely to succeed.

あまり言いたくないんだけど、あなたのボーイフレンドは間抜けに見えるよ。
I hate to say it, but your boyfriend looks stupid.

とても言いにくいんですけど、我々はそのプロジェクトを見直す必要があります。
I hate to say it, but we need to reconsider that project.

「say」を他の動詞に置き換えると同じ様なニュアンスを表現できます。

言いにくいんですが、あなたのシャツは裏返しよですよ。
I hate to tell you this, but your shirt is inside out.

行きたくはないけれど、上司の命令に従わざるを得ないんだ。
I hate to go, but I cannot help accepting my boss’s order.

いろいろなシュチエーションで使える表現だと思います。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする