「merit, benefit, advantage, profit」の違い

スポンサード リンク

「その職業訓練には利点があります」という時に、「利点」にどの表現を使うのが良いかのか迷いました。早速、利点を表現する「merit」「benefit」「advantage」「profit」の違いについて調べました。

merit_benefit_advantage_profit


■ merit – – (不可算名詞)価値、(可算名詞)長所、取りえ、美点、手柄、勲功、功績
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

あなたのボーイフレンドには何かとりえがありますか?
Does your boyfriend have any merit?

我々は、新しい商品の優秀さを詳細に説明しました。
We explained the merit of our new goods in detail.


■ benefit – – (不可算名詞)利益、恩恵、ためになるもの
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

そのボランティア活動は、私にはとても有益だった。
The volunteer activity was of great benefit to me.

息子はバックパッカーでいろいろなためになることを得るだろう。
My son will get a lot of benefit from a backpacker.


■ advantage – – (不可算名詞)有利、好都合、利益、(可算名詞)有利な点、強み、長所
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

彼には留学経験という有利さがある。
He has the advantage of his experience studying overseas.

その資格練にはいくつかの利点がある。
There are some advantages in the licence.


■ profit – – (名詞)利益、もうけ、利潤
*発音はこちらのページでスピーカーマークをクリックすると確認できます。

私たちはこの商品を薄利で売っている。
We sell this goods at a small profit.

そんなことをすることで何の得があるのでしょう?
What profit is there in doing that?


「merit」は、あるものに対しての「価値」ことであり、「利益」とは異なります。例えば、「この新商品の価値は省電力」です。
「benefit」は、あるものによって何らかの恩恵が得られる「利益」のことです。例えば、「公共の利益」です。
「advantage」は、競争上で、他と比べた時に有利なための得られる「利益」のことです。例えば、「TOEICが900点で有利」です。
「profit」は、金銭的な価値のことです。例えば、「1個で1,000円のもうけ」です。

私の言いたかった「その職業訓練には利点があります」は、「benefit」と「advantage」の両方が考えられますが、今回は「benefit」が適合しているように思います。


See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする