「羽目を外す」って英語で言うと?

スポンサード リンク

「たまには羽目を外すのもいい」的なニュアンスを言いたかったのですが、うまく言えませんでした。早速、「羽目を外す」の表現について調べました。

cut_loose


■ loose – – (形容詞)放たれた、解き放たれた、自由な、(副詞)ゆるく、ゆるむ

■ cut loose – – 羽目を外す、自由の身となる、切り放す

■ let loose – – 羽目を外す、無遠慮にふるまう、自由にする、爆発させる

羽目を外しなよ。
Cut loose!

たまには羽目を外すのもいいでしょう。
It’s good to go on the loose once in a while.

たまにはディスコパーティに行って、羽目を外したほうがいい。
It is better to go to disco party and cut loose once in a while.

彼昨夜、飲み会では羽目を外していたね。
He really let loose at that drinking party last night.


我々は昨夜、羽目を外した。
We went on the spree last night.
*「spree」は、「ばか騒ぎ」「浮かれ騒ぎ」「酒宴」のことです。

あんまり羽目を外すなよ。
Don’t get so carried away
*「get carried away」は、「調子にのる」という意味です。

あんまり羽目を外すなよ。
Don’t enjoy yourself too much.


「羽目を外す」の決まった英語表現はないようですので、そのニュアンスを思い浮かべて、「遠慮無く騒ぐ」「調子に乗る」「エンジョイし過ぎる」の様に自由な表現で伝えれば良いと思います。

個人的には、最後の「enjoy oneself too much」は、比較的、どんな相手にもニュアンスが伝わりやすと思いました。

See you next time!

スポンサード リンク
スポンサード リンク
おすすめの関連記事

シェアする

フォローする